ED治療薬のバリフは日本の病院で処方してもらえない?

バリフは病院でもらえる?

バリフは病院でもらえる?

バリフはED治療薬の一つでもあるレビトラのジェネリック版です。レビトラと同一の有効成分を持ちながらも、価格がリーズナブルに設定されていますので、安価に入手できるとして注目されているのです。

そんな人気のED治療薬は日本の病院で貰えるのか気にされることがありますが、取り扱いがない場合が殆どですので貰うことは難しいと言えるでしょう。入手をするためには個人輸入を利用するのが一般的です。

個人輸入ならば病院では扱っていない薬も買うことができ、バリフに関しても例外ではありません。また、病院へ行くことなく買うことができるため、ED治療の相談へ行くのが恥ずかしいなどの場合にも便利と言えます。

ただ、バリフは個人輸入でも入手が難しくなっている現状があります。というのもメーカーでの製造が停止状態にあるからです。その背景にはジェネリック医薬品にまつわる問題が大きく関係しています。

バリフを製造しているのはインドのアジャンタファーマ社なのですが、本来は特許に守られている医薬品を製造することはできません。

ところがインドの場合はその他の国と特許法について異なる点があり、通常なら製造できないジェネリック医薬品の製造販売も行えているのです。

しかしながら医薬品を開発するためには膨大な費用が掛かっていますから、簡単にジェネリック医薬品を販売されるのはオリジナルを製造する側からすると大きな問題なのは言うまでもありません。

それゆえにレビトラの特許を持っているドイツのバイエル社がアジャンタファーマ社に対して製造の中止を求める訴えを起こしていました。そしてバイエル社の主張がインドの裁判所に認められたことで、新規での製造をすることができなくなったのです。

そうした理由もあって流通量が減っている上、個人輸入でも駆け込み需要が増加しています。以前なら問題なく供給されていたために購入するのも容易でしたが、製造が中止になってしまったことで売り切れになる輸入代行業者も増えているのです。

さらには仕入れ市場でも価格が高騰していますから、販売価格も割高になりつつあります。そのような現状もあって入手が難しくなっています。在庫品に限っての販売になっているところもあるため、バリフを入手するためには様々な輸入代行業者を巡ってみる必要があります。

以上のような実状ゆえに日本の病院はもちろんのこと、個人輸入でも購入できるかどうかは曖昧になっています。しかしながら在庫品を販売しているところもありますので、入手をしておきたい場合は早めに行動した方が良いでしょう。