レビトラジェネリックのバリフはどこの会社が製造しているの?

バリフの製造元はどこ?

バリフの製造元はどこ?

バリフはレビトラのジェネリック医薬品で、購入する際は医療機関からは購入できず、インターネット上から薬の通信販売を利用して購入することになります。

薬の通信販売で取り扱う薬は非常に安く、海外で販売されている薬を日本に個人輸入することで、安く販売することが可能になり、更に海外では販売され多くの人が使用している薬にもかかわらず、日本国内では認可されていないために販売されていない薬でも購入することが出来ます。

その1つにバリフもあるのですが、どこで製造されているのでしょうか。バリフはインドにあるアジャンタ・ファーマが製造販売を行っていますが、現段階では製造されていない可能性があります。

そもそもインドでは他の国とは異なり、薬の一部の特許を認めていないため、ジェネリック医薬品の製造や販売が盛んに行われており、多くのジェネリック医薬品が世界中に販売されていました。

しかしレビトラを開発した会社がレビトラジェネリック医薬品の販売と製造の中止を長らく求める裁判をインドで起こし、その請求が認められました。

バリフを取り扱うアジャンタ・ファーマが最高裁判所へ上告する可能性もありますが、現段階では中止が濃厚とされています。

しかし販売や輸出に関してはレビトラを取り扱う会社の請求が棄却されましたので、在庫に関しては今まで通り個人輸入を利用して購入することが可能となっています。

そのため時期によってや業者によっては在庫が無くなってしまい販売がされていない可能性がありますが、欲しいと考えている人は薬の通信販売業者を早急にチェックすると良いでしょう。

しかし1つ注意しなければならないポイントがあります。それはバリフを当分は作ることが出来ない、という状況を悪用して、粗悪品を売りつける業者がいるかもしれないことです。

そのため正規品を取り扱うルートを確立しているかどうか、他の薬に関する評価や口コミは良いのか、販売価格は適正価格なのかどうかを購入する前に確認しておくことは大切です。

中にはただのサプリメントをダミーにして販売している可能性もありますし、仮に全く異なる成分が配合されている粗悪品を服用してしまうと、思わぬ副作用が出たり長引いたり、最悪の事態としては命や健康に影響を及ぼすことも考えられます。

当分は購入することが出来ないからといって焦って購入するのではなく、信頼できる薬の通信販売業者から購入することを忘れないようにしましょう。